朝倉氏の滅亡

1573年に起きた「一乗谷城の戦い」という合戦があります。これは信長と越前の戦国大名である朝倉家の朝倉義景の間で行われた戦いです。結果的に、この合戦で信長によって朝倉氏は滅んでしまいました。

朝倉氏が滅亡した要因としては、他に兄弟がいなく、義景は子供に恵まれなかったため立場的に弱く不利な状況だったり、また義景は暗愚な武将として扱われることが多く、人望がなかったのも滅亡してしまう原因だったのかもしれません。

朝倉義景の墓

一乗谷城の戦いで信長に敗れた朝倉義景は自害して果てます。自害した場所としては、六坊賢松寺ということですが、正確な位置は未だわかっていません。

朝倉氏の遺臣が1800年に曹源寺に五輪塔を立てました。そして1822年に現在の場所へ移したそうです。

お薦め